「陰翳」と仏料理の技術の融合

「21世紀のフランス料理界の扉を開けた」といわれるフレンチの重鎮として名高い師ベルナール・ロワゾー。常に師へのオマージュを抱きながら、新しい時代の鼓動に耳を傾け、二十四節気七十二候に育まれた日本人が持つ文化的で繊細な美意識と感性を生かして、フランス料理の卓越したテクニックとそれを裏付けるサイエンスを駆使した料理で新たな世界を創造します。“ベルナール・ロワゾー・スィニャテュール”という名を冠することを許されたこのレストランでは、日本の伝統美が存在する「陰翳」を意識しながら、四季の自然と素材が語りかけてくる言葉と対話します。受け継がれた伝統を守り、洗練させて新たな技術と融合することで、デザインされた新しい世界を展開出来ればと思います。“唯一無二のレストラン”での時間と空間をぜひお楽しみください。

エ・オ<ベルナール・ロワゾー・スィニャテュール>オーナーシェフ 山口浩

店名由来は、「Éloge de l’ombre」(エロージュ・ドゥ・ロォーンブル)の頭文字。【日本語訳:陰影礼賛(いんえいらいさん)】

Asahi ランソン

トップに戻る